みんなの茶の間について・・・茶の間から始まる明日の笑顔・・・

 

 

人々が緩やかにつながる交流の場

育ちや自立に伴うココロの拠り所

 

おかえり(^v^)  おなかすいてない? 一緒にご飯食べよっ ♪ ・・・

寒かったでしょ? 温かいお茶でも飲んで♪・・・って食卓を囲むところ・・・

「みんなの茶の間」は、そんな場所です。

 

おひさまの村には、ココロとカラダを整えるカウンセラーやセラピスト、

学びの深い専門家やプロたちもいるけれど・・・

プロだから、専門家だからわかる・・・。

実は、カウンセリングやセラピーは「治してあげるもの」ではなく、

自癒のお手伝いをするだけなのです。

 

自分のココロやカラダを整えるスイッチは、自分で探して調整することが

できれば素敵です。

誰かが入れたスイッチでは、すぐにオフになってしまうし、ある場所と

入れ方がわからなければ、またオフになった時に、いつまでも何か誰かに

頼らなくてはいけない。

 

私たちができることは、その方法を学ぶ学習会やセラピーやカウンセリングを

用意して、一緒にスイッチを見つけて、気持ちや体調を自分で調整出来るように

なる事を見守るだけ。。。

 

「いらっしゃいませ、何になさいますか?」じゃなく・・・

おかえり~、お腹すいてない? ご飯たべていくかい? お茶でも飲むかい? 

甘いものでもどうだい?最近どう過ごしていたの?

 

お昼には、みんなで一緒に「いただきまぁ~す♪」・・・って一緒に食卓を囲む。

 

「あ、そこの醤油とって。」「あ~美味しいね。」

「あれっこれちょっとしょっぱくない?笑」


何度か来るうちに、「今日は私が作るね」とか「これ家で採れた野菜」とか・・・

そんな自然な会話の流れが生まれます。


「食」そのものはもちろん大事。

でも「家族で囲む食卓」「家族が集う茶の間」はもっと大事・・・

このごろ特にそう思います。

 

世界の一番小さな平和は「家族」です。

 

血のつながりだけでなく、緩やかな関わりの中で、時間を共有して、

共に食卓を囲める「家族」。

 

「みんなの茶の間」は、人々が緩やかにつながる交流の中で、個々が少しずつ

成長しながら、「しなやかに生きる力」「家族の根っこ」「いのちの根っこ」

を育むところ。。。

 

力まず、頑張りすぎず、そんなに自分をフル回転させないで

いまよりも、一歩しあわせになるために・・・。

 

NPO法人

いのちの教育ネットワーク

テーマソング

  「HEART TO HEART」

お問合せ

 TEL

017-763-5314

080-3321-3294

                (携帯・松山)

住所 青森県青森市

    橋本2丁目16-3

NPO法人

いのちの教育ネットワーク

         事務局